目元の悩みを解消したい!

皆さんこんにちは。
私は、誰でも大好きなDD加藤と申します。
年齢は…そうですね、50代で目元の悩みを抱えております。
そんな加藤が同じ目元の悩みを抱えている50代の皆さんに是非とも試していただきたいアイクリームをご紹介するとともに、目元の悩みを解消していただきたいと思っております。

 

 

私自身の目元の悩みはで一番気になるのは、たるみです。
いつの頃からこうなったのか…しっかりと覚えてはおりませんが、おそらく30代半ばころから肌の衰えを感じるようになったような気がします。
そして、化粧品を特に意識して変えることもなくそのまま若いころの、高くはない化粧品を使用し続けていたある日、「あれ?私の肌ってこんなにたるんでいたかしら?シミやシワも気になるけれど、目元がこんなにも年をとってしまった…」という、非常に情けなくも悲しい気持ちになりました。
目元のたるみは老けにも繋がりますので、40代までは年相応か、少し若く見られていたのに、何だか最近は少し上の年齢に見られてしまいがちです。
周りの女性の皆さんはやっぱり若く見えますし、鏡に映った自分の顔を見ると、たまに恐ろしく感じることもあります。
そんな私のように、50代で主に目元に悩みを抱えている方、ぜひ私と一緒に若返ってみませんか?
私も本当に最近色々試すようになり、少しずつですが周りの人にも変化を認めていただいています。

 

目元のたるみだけでなく、目尻のしわや、目元のくすみといった悩みを抱えていらっしゃる方に、おすすめのアイクリームや目元のケア方法をお伝えしたいと思っておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
実際に、目元に悩みを抱えている方は、実年齢より老けて見られがちです。
これは女性としてとても悲しいことではないでしょうか。
「私は気にしないからいいの」という方もたまに見かけますが、本当にそれでいいの?と私は思います。
なぜって、女性に生まれたのですから、綺麗な自分、若い自分をいつまでもなくしたくないのかな?と思うからです。
努力すれば変われるけど、それでもそのままでいいという方には、私の話はつまらないと思いますが、もし少しでも興味を持ったり、共感してくださるのであれば、最後までお付き合いいただけると嬉しいなと。

 

なんせ、私は誰でも大好き加藤ですので、大好きな皆さんにもぜひ若く、綺麗でいてほしいと願っているのです。
乾燥したお肌を放っておくと、ますます老け顔になってしまいます。
DD加藤のブログに目が留まったのであれば、今すぐ試してみてください。
目元のケアは、特に重要になってきますので、日々怠らずに正しい方法で行っていきましょう。

目元はいつから衰えてくるのか

私の場合は目元の衰えは恐らく30代半ば頃から始まったと思っているのですが、皆さんはいかがでしょうか。
20代から30代になって、なんだか少し老けた気がする、30歳と35歳では、白髪が増えたり、シワが目立ってきたり、疲れがとれにくかったりと変化が大きく出てくる方も多いのではないかと思います。
私も若かりし30になりたての頃は、近所の50代の方から「あと数年もしたら、一気に老けてくるから気を付けなさいよ」なんて言われていましたが、当時の私はあまり気にもせず…気が付いたら本当に老けてしまったという悲しいお話があります。
あの時、近所の方の助言に真剣に向き合っていたら、今こうして私はこのブログを書いていないでしょうね。
35を過ぎて、自分でも結構変化を感じるようになり、さらに年を重ねて40歳になると、「あれ。本当に老けてきた。これは結構悲しい」なんて思ってしまうほどでした。

 

 

私の友人や知人に「どこが一番老けたと感じるか」と聞いてみると、皆さんの答えはこんな感じでした。

 

  • 目元のたるみ、目尻のシワが目立つようになった。特にたるみについては、老けて見えるからどうにかしたい。

 

  • 全体的に顔の輪郭がぼけてしまい、顔自体がたるんでいるように感じる。顔が大きくなった気がする。

 

  • 眉間のシワが目立つようになった。気にしてシワにならないようにしているけど、ふと携帯を見た時にシワが寄っていることが多い。

 

  • おでこが広くなった。白髪が増えてきた。

 

  • くすみ、シミ、小じわが目立つ。40過ぎ頃から年々ひどくなっていく。

 

知り合いの意見をまとめると、こんな感じになりました。
ちなみに、上から意見が多かった順でランキング形式とさせていただきましたので、1番気になっているのは、大多数で目元の悩みなのです。
参考までに、何人くらいに聞いたのかと言いますと、50代の女性だいたい12〜13人くらいです。

 

さて、そんな目元の悩みを抱えている皆さんには共通点がありました。
それは、一番気を付けなければならなかった時期に目元のケアをしていなかったということです。
皆さんは、目元のケアを始める時期はいくつくらいだと思いますか?
実は、20代半ばを過ぎた頃から目元のケアは必要になってくるのです。
20代後半になると、目元はどんどん衰えていきますので、その頃にはもうケアを行っているのが理想というわけなのです。
ただ、この記事を読んでくださっている方は、目元の悩みを抱えている50代の方が多いはず。
もうだめではないか…と諦めてしまう…なんてことはないようにしましょう。
過去には戻れません。
私たちは、気付いた「今」から始めていけばいいのです。
確かに20代の頃の肌に戻ることはできませんが、それでも何もしなければ衰えていく一方ですので、それを防止するためにも、気付いた時からアイケアを始めていきましょう。

50代におすすめのアイクリーム

今回は、50代の皆さんにおすすめのアイクリームをお伝えしたいと思います。
アイクリームで目元をケアすると簡単に言っても、実際にそれを行動に移すとなると大変なものです。
特に、アイクリームを探すのが一番面倒でしょう。
どこで買うか、どういった商品があって、どれがいいのか…お金もかかるし時間もかかります。
そこで、購入前にどういった商品があって、だいたい自分くらいの年だと他の方はどういったものを使用しているのか、おすすめはどれなのかということを知っておいた方が断然自分に合ったアイクリームを探しやすくなるということです。

 

まず、50代となると気になる意見としては、「シワ」です。
30代では少数だった意見が、40代で少し増え、50代ではダントツでしょうね。
私もたるみが一番ではありますが、ではシワは?と聞かれたら、シワだって気になります。
ただ、年だから…で諦めがつくという部分で納得できるのかもしれませんね。
40代まではやっぱり若いと思いこんでいる自分がそこにいましたから。
そして、くまですね。
くまって、正直目の下が黒くなるものだけだけと思っていたので、私もくまについて知ったのはごく最近のことです。
年齢を重ねるごとに、皮膚(特に目元)は薄くなります。
そして、重力に従って下へ下へと下がっていく…これは仕方のないことだとは思います。
しかし、目の下の袋の部分が青くなったり茶色くなったりする…これがくまなのだそうです。
皆さん、よ〜く鏡を見て自分の目の下を確認してみましょう。
薄くでも細くでも青かったり、茶色くなってはいませんか?
もし、「あれ?なんか言われてみれば…結構気になってきた」という方もいらっしゃることでしょう。
そういった方は、すぐにでもケアを始めましょう。

 

さて、そんなくまが目立ち、気になる50代におすすめのアイクリームは、低刺激であり、保湿力が高く、できれば引き締め効果のある成分が入ったものがよいですね。
セラミドが配合されているアイクリームは、とっても重宝します。
レチノールもよいのですが、これは刺激があるため、敏感肌の人には向きません。
50代のアイクリームランキングは様々なサイトで紹介されていますので、参考にしてみてください。

 

 

30代までは、サラサラしたアイクリームでもよいそうですが、50代ともなると、その乾燥は半端なく、できれば油分しっかりが入ったものがよいのだとか。
理由として、油分が多い分、保湿成分にしっかり蓋ができるのだそう。
私たちのシワやくまはこれから先放っておいてもどんどんひどくなる一方です。
若い時と違って、ケガも治りにくくなりましたし、内出血もなかなかきれいに治らない。
気がついたらあざが増えている…なんてこともたびたびありますよね。
だからこそ、自分の年齢と向き合って、その年齢に見合ったものを使用することが大切になってくるのです。

 

家でのケアとは別に、外出時に使用できるアイクリームを見つけておくのもおすすめです。
メイク直しの時にも使用できるようなアイテムを持っておくと乾燥も怖くありませんね。
私は現在少々のパートをしながら生活しておりますので、化粧をして外に出る機会もそこそこあります。
そこで、アイクリームの話をしたり、肌の悩みやら服、体型のことなど、よく仕事仲間でのお茶会で話したりして情報を得るようにしています。
皆さんも、素敵なアラフィフライフをぜひ楽しんでください。

アイクリームの効果について

50代の目元の悩みを外側から解決するためには、アイケアが重要となってくるわけでございますが、そのアイケアにも方法があります。
中でも、私個人的におすすめなのは、アイクリームの使用です。
アイクリームは、基礎化粧品にプラスするだけでよいので、誰でも面倒でなく続けることができると思っています。

 

さて、アイクリームと一言でいっても多くの種類があるわけですが、どれを使用しても効果は同じかと言いますと、値段や成分によって若干変化があったり、あとは相性なんかもありますので、万人にこの商品がいいとは言い難いのです。
では、効果はきちんと出るのか?という方も私の周囲にはいらっしゃるので、その効果について少しお伝えさせていただきます。

 

 

まず、目元のたるみやシワの原因として、大きなくくりで言いますと、「加齢」と「保湿不足」が挙げられます。
皆さんは、洗顔後に化粧水や乳液、美容液などを使用すると思いますが、その際に目元の保湿を意識していますでしょうか?
目元のケアにより、見た目年齢は5歳10歳とだいぶ変わってくるのです。
特に、目元は保湿を意識しないと、乾燥しがちになるため、どうしてもシワが増えてしまったり、くすんでしまったりしがちですので、意識していなかった人は、これから意識してケアを行ってみてください。
パソコンやスマートフォンを使用して当たり前となったこの時代、私の幼少期では考えられませんでした。
この、パソコンやスマホの画面を見ている時間はどのくらいあるでしょうか。
これらの画面を見ていることで、以前より瞬きの回数が3分の1まで減っていると知りました。
そして、血流が悪化し、たるみやシワへとつながっていくのだとか。
これはかなり厳しいですね。
今の時代、パソコンができなければ多くの職種は仕事になりませんし、ガラケーという以前の携帯電話の製造もなくなり、どんどんスマートフォンへ移行しています。
そんな中、こういった画面を見ない生活はほぼあり得ないと言っても過言ではないのでしょうか。

 

そこで、アイクリームの出番となるわけですが、アイクリームの効果があまり信じられないという人もいることでしょう。
実は、私も最近知ったことなのですが、アイクリームにも種類があり、シワに効果があるもの、たるみに効果があるものはタイプが異なってくるのです。
これを間違えると、効果が出るどころか、場合によってはお金を払って余計に老けてしまう…というようなことにもなりかねませんので、ご注意ください。

 

基本的に、シワが気になる方は、ペプチド、アルジルリン、レチノール、シンエイクなどが含まれているものを選択しましょう。
そして、たるみが気になる方は、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、アスタキサンチン、プラセンタなどが含まれているものがよいのです。
自分に合ったアイクリームのタイプをまずは選び、その中からさらに良いと思えるものに巡り会えるといいですね。
フローフシのアイクリームは、パッケージデザインも素敵ですが、成分内容も濃いため私が最近気になっている中の一つです。
今度試してみようと思っております。